ARCHIVES  2016年2月

小規模多機能ホームきらり パーゴラ

パーゴラ

しばらく工事状況を報告することができませんでしたが、施設内は、内装工事もほぼ完了し、設備器具を取り付けているようです。 そして、外部では、ついにパーゴラ工事が始まりました。 パーゴラとは、庭や軒先に設ける格子状の棚、またはその空間のことで、イタリア語のぶどう棚が語源だそうです。小規模多機能ホームきらりでは、このパーゴラを藤棚にするわけでもぶどう棚にするわけでもないのですが、このパーゴラの下、職員、利用者、近所の方々がさまざまな交流の場として活用していきたいと考えています。 メイン柱にはヒノキ!良い木使っています。木材を保護するための木部塗装も何度も塗って、良い色に仕上がっています。