外観下地と木材構造

Pocket

「小規模多機能ホームきらり」の工事状況を久しぶりに報告します。
上棟後、ブルーシートで囲まれ中の様子が一切見えなかったのが、ブルーシートも撤去され、外観の下地が見えるようになってきました。サッシ枠もついていますので、そろそろ外壁(サイディング)工事に入るものと思われます。

工事休みに中に入ってみましたが、柱が立つと基礎だけの時よりはるかに広く感じます。
当施設は木造建築ですが、通常よりもしっかりとした構造にされているようです。

インターネットで調べてみると、火打梁(ひうちばり)と部材で、通常よりも大きく取っているようです。(間違えていたらすみません)

地震や台風時による変形を防止する斜材の部分とのことですので、何も言わなくても、しっかりとした構造にしていただける森本工務店さんには大変感謝しております。

感謝の意を込めて、ホームページのリンクを貼っておきます。
http://www.morimoto-koumuten.jp

小規模多機能ホームきらり

小規模多機能ホームきらり工事進捗状況

小規模多機能ホームきらり

小規模多機能ホームきらり

小規模多機能ホームきらり

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です