ARCHIVES  2015年10月

基礎工事開始

建築申請および消防申請が認可され、小規模多機能ホームきらりの基礎工事をようやく開始するできたようです。施工業者さんも予想以上に消防申請に時間を要したようで、遅れを取り戻すべく、雨が降る中、地盤補強用の杭周辺をショベルカーで掘っています。 施設の内装等に関しても事細かに指示が出ており、柱一本見えているだけで、そこの周りを不燃材で囲うように施工しないとダメとか、天井の梁もダメとか、内装もかなり制限されました。 消防関係は、やはり高齢者向け施設で火災が発生した場合は、重大な被害につながる可能性が高いだけに、ますます厳しくなっているのでしょう。