小規模多機能居宅介護 オープニングスタッフ募集

上をクリックすると、募集要項に移動します

スタッフ募集

「人の役に立ちたい」「社会の役に立ちたい」と思って、
  介護の仕事を始めたのに・・・

「やりたいと思っていたことと実際は違った」「理想と現実は違う」「そんなはずじゃなかった」
「でも、自分の能力を、さらに発揮できる場所があるはず・・・。」

そのような意志をお持ちの方にとって、新たなステージの出会いになるかもしれません。

初にお伝えしておきますが、この求人は、”あなたを説得する”ことを意図したものではありません。
私たちとぜひ一緒に働きたいと思っていただける仲間に”呼びかける”ことが目的です。

ですから、あなたが本来、果たすべき役割を担っている方ならば、この手紙を読み終えた後には、私たちのチームの一員として自然に集うことになるでしょう。まずは、これからお話する内容に、あなたにとって必要なメッセージが含まれているか読んでみてください。そして、私たちのチームの一員として活躍したいか検討してみていただきたいのです。

それでは、まず私たちの施設について簡単に説明します。

介護施設の事業所(サービス)は「小規模多機能型居宅介護事業所」で、平成28年4月にオープンしました。 施設名称は「小規模多機能ホーム きらり」と言います。隣接地に「サービス付き高齢者向け住宅 みのり」「倉敷市地域優良賃貸住宅 みのり」「グループホーム ひかりの里」の施設があります。

今回募集する方が所属することになるのは、その「小規模多機能ホーム きらり」です。
「小規模多機能型居宅介護事業所」で働いていただけるスタッフを募集しています。

そして、募集している職種は次のとおりです。

ところで「小規模多機能型居宅介護事業所」は、どのような介護サービスを提供する事業所かご存知でしょうか?「サービス名を聞いたことがある」「働いたことがある」「全く知らない」という人など、様々な方がおられると思いますが、「小規模多機能型居宅介護事業所」について少し説明したいと思います。

「小規模多機能型居宅介護事業所」とは、”利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の選択に応じて、施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流の下で日常生活上の支援や機能訓練を行います。”という介護サービスを行う事業所で、事業所あたりの登録定員29名以下、「通い」の1日当たり定員18名以下、「泊まり」の1日当たり定員9名以下の利用が出来ると定められています。詳しくは、厚生労働省の「介護サービス情報公表システム」にもサービス内容が掲載されています。

また「小規模多機能型居宅介護事業所」は、市町村による事業者の指定や監督が行われる”地域密着型サービス”であるため、原則として事業所所在地に居住する被保険者のみが利用できるサービスとなります。当施設「小規模多機能ホーム きらり」は、倉敷市内でサービスを提供していますので、倉敷市に住居する方であれば利用できることになります。

「小規模多機能型居宅介護事業所」は、このようなサービスを提供する介護サービスとされていますが、これも施設によって運営方法は様々で、当施設では施設理念を次のように掲げています。

一人ひとりの今までの歩みを大切にし、一人ひとりの「今」を大切に寄り添います。

社会のために貢献してこられた高齢者の方々に、尊厳の気持ちを持ち、一人ひとりの主体性や自己選択を優先し、明るく生き生きと生活できるよう、一人ひとりの心に寄り添いながら、精一杯の援助を行なっていこうという想いを込めています。

そして、この施設理念を実現するには、なにより”働く人を大切にする”ことから始まると考えています。

「働く人がホスピタリティ(大切にされているという気持ち)を感じていたら、きっと仕事に表れる。」
「家族や友達に自慢できるような勤務先で働き続けたい。」
「そんな働くスタッフにとって良い職場であり続けたい。」

そして、利用者様も心温まり、くつろいだ雰囲気を感じて、楽しんでいただきたい。

そんな想いから、

「最高の環境」「あったかい居場所」「ちょうどいい待遇」

が私たちにはあります。という働く人へ向けたメッセージをサブ施設理念として掲げています。

「最高の環境」には、利用者だけでなく、一緒に働く仲間にとっても、ここで良かったと思えるような環境、地域の方々にも慣れ親しんでいただける環境、このような環境をみんなで力を合わせて造り上げていきたいという想いを込めています。

「あったかい居場所」には、小規模ならではの一人ひとりの状態に合わせケアができるということだけでなく、働く仲間がお互いを理解し認め合うことから良い雰囲気のチームワークをつくり、人的な環境による居心地の良さを大切にしていこうという想いを込めています。

「ちょうどいい待遇」には、高すぎず低すぎない”ちょうどよさ”のことで、自分らしさを無理なく発揮できる最高の状態であることです。高すぎる待遇では、プレッシャーを感じて気持ちが焦ってしまうし、低すぎる待遇は、自分は必要とされてないのではと不満に感じてしまうことになります。このちょうどいい待遇で、絶妙な心地良さにつなげていこうという想いを込めています。

まだまだ始まったばかりの私たちの挑戦です。集まっていただいた仲間たちとともに、「最高の環境」「あったかい居場所」「ちょうどいい待遇」を、どのように造り上げていくのか、そんなワクワクした気持ちを抱きつつ、いろいろなことにチャレンジしていきたいと考えています。

そして、この施設理念に共感していただける方に、ぜひ仲間になっていただきたいと考えています。

あなたが働く環境

仕事の場を選ぶことは、大切な人生のうち、半分近くを過ごすことになる重要な決定です。
そこで、私たちの仲間になることにより、どんな日常を送ることになるのかご説明いたします。

まず、場所は「岡山県倉敷市中島」です。

JR倉敷駅の南西約5km、JR西阿知駅の南約3㎞、水島臨界鉄道西富井駅および福井駅の西約1.5km、小溝バス停の西約700m、 国道2号線バイパスと旧国道2号線(429号線)の合流点から800mほど南東側に位置しています。

近くには、倉敷紀念病院、中島小学校、倉敷自動車教習所、ハッピーズ、マルナカ、ニシナフードバスケットなどがあり、住宅やコーポなどが多数建ち並んでいる住宅地の一画になります。

アクセスマップ アクセスマップ

地図をクリックすると詳細地図が開きます。

建物はあまり施設感を感じさせないようにし、また地域の方々や子供たちが遊びに来やすいように、施設南側に「テラス」を、玄関前には「パーゴラ」を設置しています。

小規模多能ホームきらり

このようなものを設置した理由は、”介護が必要となった利用者やご家族の方々のもやもやとした心に光を「照らす」、利用者やご家族の方々だけでなく、地域の方々にもくつろいでいただける「テラス」のような場でありたい! という社名(ネクストテラス)の想いにもつながっています。

そして、地域の方々や子供たちがふらっと立ち寄ったり、いつでも遊びに来られるような場所にしたいと考えています。

職場はどんな感じですか?

職場はゆったりしているときもあれば、忙しい時もあります。
ですが、仕事に追われない業務にしたいと考えています。

よく他の介護施設やデイサービスでは、決まった時間にお迎えをし、決まった時間に体操をしたり、レクリエーションをするなどプログラムされています。そして、このプログラムを遂行することが目的となり、バタバタと業務を行っている介護を見ることがあります。

その人らしいケア”と言っているわりに、全員同じプログラム。
それって、「本当にその人にとって最高の自立支援?」と考えることがありませんか?

私たちが提供する「ケア」は、自立支援が目的です。

私たちの「ケア」は、施設に囲い込んで「世話にならなければ生きていないお年寄り」を作ることではなく、できることはご自身でしていただくことが基本です。「~してあげる」ではなく、「できること」「できそうなこと」へ積極的に働きかけて、「やれるんじゃないか」「やってみようか」と心を動かすことを大切にし、要介護がついても格好よく生きていけるように手助けをしていきたいと考えています。

なので、当施設では、大きなイベントを行う日は決めるものの、毎日何をやるかという詳細はあまり決めていません。私たちは、あっとホームな家庭的な生活を送っていただきたいと考えていますので、あえて、その日その日に一日の過ごし方を決めています。利用者がやりたい事に即時対応できるという事を大事にしたいと考えています。

一見きちんとした予定を組まずに介護を行うことは大変なことのようにも思え、 ”予定をきちんと組むのが当たり前”な一般論から考えると心配に思えるでしょうが、「利用者の個性にあった日程を組める」「利用者の要望に臨機応変に対応しやすい」という”なにが起こるかわからないのが当たり前”という姿勢が、私たちの考える施設を作り上げるうえで重要ではないかと考えています。

とくに、介護現場においては、「このようにしなきゃだめだ」という堅苦しい姿勢がありますが、「こうしてみてもいいのかな?」と、やわらかく崩してみることも大切なことなのかもしれないと思っています。「いま」を大切に寄り添い、一緒に楽しむ、という些細なことが、実は利用者さんにとって一番大切なケアなのかもしれないと思っています。

利用者を地域資源に?!

スウェーデンで「社会の健康が一人ひとりの保健につながる」という思想があるように、地域社会で活躍できるような環境を提供していくことは、自立支援につながる大きな力になると考えています。そのため、地域の方々や子供たちも入ってきやすいように配慮し、また、利用者の心身状況を見ながら地域活動等にも積極的に参加していきたいと考えています。

利用者を普通の介護施設のようにただ ”みる”のではなく、利用者の””を使って、地域づくりのための地域資源になるようにしたいと考えています。

子どもと出勤?!

地域の方々や子どもたちも気軽に立ち寄っても良いことにしているので、もちろんスタッフが子どもを連れて来て良いことにしています。子どもと一緒に出勤することもOKということです。子育て世代の方であれば、”急に学校が休みになった”、”子ども一人で留守番させられない”など色々な諸事情があると思って困った経験も多々あると思います。

そのような子育て世代で忙しい方でも、私たちの考えに共感していただける方には、ぜひ仲間になっていただきたいので、子供と一緒に出勤することも認めています。とは言いましても、託児所、保育園、学童保育ではありませんので、全く業務にならない、他のスタッフや利用者に迷惑をかけるようなことだけは遠慮いただきたいと思います。

社長はどんな人?!

自分で言うのは何ですが、人当たりや面倒見がよく、明るい性格で、行動も早いと思います。頼まれたことは責任持って全うしたいと思っており、損得関係もあまり考えずに頑張ってしまいます。何か良いことばかり書いてみましたが、性格は几帳面な面もありつつ、結構大雑把だったりもします。家でも扉や引き出しをよく開けっ放しにして、よく怒られています。自分でもなぜそんなことができないのかと不思議に思うこともよくありますが、きっとO型だからでしょう…。

仕事は、高齢者向け住宅やグループホームを開設・運営し、医療療養病床・介護療養病床がある医療機関に従事してきました。その前は大手企業の研究所で技術開発として働いておりました。バリバリの理系です。ですから、パソコン関係だけでなく機械系は全般的に得意で、画像編集や動画編集、ホームページ制作、プログラミング等もできます。このWEBサイトも全て自作しました。

あと、地域活動として、倉敷市消防団にも所属し、倉敷方面隊中島分団の分団長をしています。これも、きっかけは頼まれて断れずに入ることになったのですが、いつの間にか分団長を務めることになってしまいました。やはり断るのが苦手な性格のようです。

私のことはこの辺にしておいて、まあ、ざっと説明させていただきましたが、どんな感じなのか分かっていただけましたでしょうか?

募集要項

現在、募集している職種は次のとおりです。

求人募集について

当然のことながら、日常生活の半分近くを一緒に過ごし、仕事をしていただく仲間を集めるわけですから、必要書類を送付していただく必要があります。

しかし、送付書類も、あなたにとっては大切な個人情報です。書類送付前に話を聞いてから判断したいと言う方もおられると思います。対談の機会も設けていますので、お気軽にご連絡下さい。

必要な書類(履歴書、職務経歴書)

私たちと一緒に働いてみたいと思っていただいた方は、履歴書をご用意ください。事前に送付していただくか、面接時に提出してください。その際、職務経歴書もあれば一緒にご用意ください。履歴書の体裁は問いません。顔写真はデジカメやスマホで撮影したものでもOKです。

その他、分からないことや質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

履歴書をお持ちでない方は、以下の書式をダウンロードして使っていただいても結構です。

履歴書( word pdf

書類の送付先

事前に履歴書を送付いただける方は、以下の宛先まで郵送もしくはEメールにて送信してください。

※分からないことがあれば、 086-465-8886  もしくは  E-mailでご連絡ください。

その後、連絡します

職員応募受付後、数日~約2週間をメドに面接の日時調整等のご連絡をします。

面接について

面接場所

小規模多機能ホームきらりが面接会場となります。
来られる際はこちらの アクセスマップを参考にお越しください。

面接に持参するもの

面接は緊張すると思いますが、お見合いみたいなものですから、
もちろんあなたから断っていただいても構いません。

このように長いメッセージを最後までお読みいただきありがとうございました。
あなたとご縁を持てますことを心より楽しみにしております。


株式会社ネクストテラス
代表取締役社長
代表取締役社長 吉田茂樹